尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


サザエさん症候群?

こんにちは。尾道の歯医者、歯科医のすーちゃんです。




日曜日の夕方になると、




みなさんも、明日からの仕事のことを考えると憂鬱になったりしませんか?






それを「サザエさん症候群」という言い方をするらしいです。




日曜日の夕方、サザエさんが始まるじこくになるとお休みも終わり、




また次の一週間の始まりから仕事のことが頭を過ぎります。





早い人は「笑点症候群」・・・




夕方の時間が少し早くなりますね・・・





そんな時、僕はこう考えます…





「次の日曜日は何をして過ごそうか?」と、





次の日曜日までの、仕事が「また、がんばろう!!」て、なります。





僕は日曜日を含め、休日は100パーセント体を休みません。




その代り、頭の中を休める事にしています。




休日は頭を休める日にしています。





体は日々の生活でコントロールしながら休まないと持ちません。




頭は日々の生活で休まる時間が持てないので、




日曜日はできるだけ仕事から頭を切り離すことにしています。





ただ、仕事柄、学会や急患の方の対応など、完全に休むことはできませんが・・・




明日から、また、診療が始まりますが、




今週も患者さまやスタッフの




たくさんの笑顔に出逢える仕事ができるように頑張りたいと思います。

by su-chan231 | 2012-09-17 19:02

『あせらない美学』

こんにちは。尾道市の歯医者、歯科医のすーちゃんです。






あせらず耕す-準備の大切さを知った。



あせらず植える-希望の種を蒔くことを知った。



あせらず話し合う-愛されてることを知った。



あせらず肥料をやる-収穫するだけではなく 帰還することを知った。



あせらず水をやる-植物に水と日光と土が必要なように、 



人間にも生活のバランスが大切だと知った。



あせらず余計な草を取る-取り除かないと育たないことを知った。



あせらず見守る-我慢することを知った。



あせらず祈る-一生懸命やれば素晴らしい収穫が あることを知った。



あせらず感謝する-謙虚な気持ちになることを知った。



キャムロン・ライトの『エミリーへの手紙』に、



いい言葉があるよと知り合いに教えてもらいました…




何度やっても、うまくいかないことに、わたしたちはすぐに飽きてきます。



そんなとき、つい、何をやっても無駄だと思ってしまいます。




それなのに、何か試そうとする時には、結果がすぐに出ないと、




イライラしてくて、やっぱり、また同じだ…とあせる、あせる…




あせれば、それにゆっくり向き合う時間など、



なくなってしまって向き合う時間がなくなれば、見えなくなるものも多くなります。




あせるから、見えなくなる。見えなくなるから、うまくいかない。




うまくいかなければ、またあせる。そして、また見えなくなる。



そんな悪循環に陥っていませんか?




もし、みなさんと同じ問題を解決しなければいけない仲間がいる時…



そして、みなさんがそのリーダーである時には、



本質が見えない限り、急がせてばかりいても、




あせってばかりいても、怒ってばかりいても、何も進まないと思います。




どんどん、どんどん、狭くて抜けきれない迷路にはまり込んでしまうことも…




僕は、そんなとき「あせらずに話し合う」が必要だと思っています。




立ち止まって、みんなで話合う時間を設けています。




回り道のようでも、その時間が問題解決の近道になるように思います。




ついつい、何かあれば焦ってしまいますが、




焦ったときは、この言葉をみなさんも思い出してみませんか?

by su-chan231 | 2012-09-10 06:53

父の誕生日

こんにちは。尾道の歯医者、歯科医のすーちゃんです。




今日父の誕生日です。




僕はショッピングが好きで、




学会や旅行に行くと、よく家族のお土産を買って帰ります。




毎年、8月の終わりには父の誕生日のプレゼントを探します。




80歳も過ぎると、持っていないものもなく・・・




これといった趣味もなく・・・




かと言って、本人に誕生日に何が欲しいか尋ねることもできず・・・




毎年、苦慮するところです。




それでいて、毎年ポロシャツやセーターなど、同じようなものになってしまいます。




「おとうちゃんは、もうプレゼントなんかえーよ・・・」




といいますが、もらった時に、とても嬉しそうな顔をするので、




つい、毎年してしまいます。




タンスの中には着られていない過去のプレゼントのセーターもありましたが、




古いものから順番に着ているのだと母は言っていました。






その父も今年はもういません。





もっと、優しくしておけばよかったかな?とか、




もっと一緒にいれればよかったかな?とか、




今になっていろいろと思いますが、後悔さき立たずです。





かけがえのない父と母・・・





みなさんは、ご存命のうちに、いろいろと思い出を増やしてあげてください。

by su-chan231 | 2012-09-01 07:20