尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


『一流の定義…』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




今日で、お盆休みも終わりです。




お休みの夜、みなさんも、明日からの仕事のことを考えると憂鬱になったりしませんか?





そんな時、僕はこう考えます…





仕事は自分がしているのではなく





いろいろな縁の中でたまたま自分がさせてもらっているのだと…





自分ではなく




他の人でもよかった仕事を、




めぐり合わせの中で




僕がさせてもらっている。




だからこそ、




この仕事をさせていただいていることに感謝し、




もっと自分を磨き、




高める努力を惜しんではならないなと…




お盆休みに、




知り合いの人から、こんな言葉を聞きました。




『三流は感情で動く…

二流は理屈で動く…

一流は志で動く…』




明日の仕事のことを考えて、憂鬱になるようでは、まだまだ三流…




儲けることより、この仕事でどれだけの人を笑顔にすることができるのか?




人に感動を与えられるようになってこそ、一流なのだと思います。




明日から、また、診療が始まりますが、




患者さまやスタッフのたくさんの笑顔に出逢える仕事ができるように頑張りたいと思います。

by su-chan231 | 2012-08-15 09:58

『67年目の夏』

こんにちは。尾道市の歯医者、歯科医のすーちゃんです。




1945年、広島に原爆が投下されてから今日で、67年が経ちました。





僕もですが、広島県人は特別な思いで毎年、今日の日を迎えると思います。






「風化」をさせないようにと





東北の震災の後からは声高に言われている原発問題、震災のこと。





それも一瞬のものなのだろうか?と





気になりながらいつも報道を眺めています。





誰が悪いとか責任を問うのではなく、






忘れずに思い出す事が必要ではないのでしょうか。






同様に8月6日の記憶の風化が、年々危惧されています。





でも、あの日を体験した人の記憶は、今もなお、薄れることはありません。





「あやまちは繰り返しませんから」






改めて、この言葉を胸にする原爆の日です。






大きなことは何もできないけれど、





ささやかですが毎年このブログで『原爆の日』を伝えていければと思っています。





今日、いろいろなお寺では鐘が鳴るのでしょうか?




それが何の鐘だかわかる人が何人いるのでしょうか?





改めて、犠牲者の方々のご冥福と恒久平和を切に願います。





合掌

by su-chan231 | 2012-08-06 14:18

「エキスパートとプロフェッショナル」

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




瀧本哲史さんの著書「武器としての決断思考」に




「電気ドリルがよく売れている状況を見て、




「もっと高性能のドリルを売ろうと考える」のがエキスパートであるのなら、




もっと根本的なとこまで考えて




「お客さんが欲しいのはドリルではなく穴であると考える」のがプロフェッショナルです」




という一節があります。





瀧本氏は、過去のやり方が通用せず、





未来予想もできない社会を生き抜いていくためには、




「自分の人生は自分で切り開く」ことの重要性を著書で説いています。





そのひとつが、「エキスパートではなくプロフェッショナルを目指せ」というもの…





エキスパートとは、専門的な知識と経験を持つ、その道のプロ…





しかし、それだけでは瀧本氏はダメだと述べています。




彼のいうプロフェッショナルの定義とは、





専門的な知識、経験に加えて、





他ジャンルの知識と経験を持ち、





それをもとに、相手のニースに合ったものを提供できる人というものです…





お客さんが「穴」が欲しいことが分かれば、





ドリルではない他の商品やサービスを提供することができます。





相手の立場に立ってものごとをとらえれば、





従来のやり方だけではなく、新しい仕事も生まれてくる。





その方法は、社会での強みにもなると思います。





本当のプロフェッショナルを目指しながら、





切磋琢磨し、患者さまの痒いところに迅速に手の届く歯科医であり続けたいと思います。

by su-chan231 | 2012-08-02 23:13