尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


『さよなら…2011』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




今年も、残り一日となりました。




過去は、安い本と同じ…捨ててしまえばいいという言葉があります。




過去をズルズルと引きずっている人って結構いますよね。




引きずっても仕方ないとわかっているのに、引きずってしまう…




でも、『今日』は『残りの人生の最初の日』です。




今日から、また、新たな人生が始まるのです。





なのに、また、つまらない過去を引きずるなんてもったいないですね…




時間を無駄にしているのかもしれません。





未来のことを考えた方が、ずっと楽しいのかもしれませんね。






今年最後の一日…




過去にとらわれず有終の美を飾りたいと思います。




みなさん…よいお年をお迎えくださいね。

by su-chan231 | 2011-12-31 10:44

『遼くんの功績…』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




石川遼くん…




残念ながら今年は未勝利のままに終わってしまいました。





震災の直後、彼がとった行動は、




獲得賞金を全て被災地の義援金に当て、




長期的な被災地への支援活動をするとの発表でした。




今年の彼の成績は優勝こそしませんでしたが、




その支援金額は累計一億円を超え、一億3348万2603円…




19歳の個人としての金額は物凄いもので、





その行動に頭がさがります。





遼くんの場合、




各スポンサーからの契約金等で




他のプロスポーツ選手より別収入が多くあるとはいえ、




一億円ものお金を差し出すことはなかなかできることではありません。





日本のプロスポーツ選手たちも、




様々な形でボランティア活動をするようになり、





いだお金をできる範囲で地域貢献、





社会貢献活動にあてる行動が取れるようになったことは素晴らしいことです。





自分自身がこれまで身に付けてきた能力などから得たものを、





社会のために還元することは自分自身の成長にもつながるようになります。





こんな時代だからこそ、心の豊かさが求められますよね。





鶴栄会でも、売り上げの一部を被災地に寄附する





『義援金歯ブラシ』を販売しております。





毎日使うものから、『しあわせのおすそわけ』はいかがでしょうか?




詳しくは、受付にお問い合わせくださいm(__)m

by su-chan231 | 2011-12-29 09:06

『誕生日にありがとう』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




今日は、砂田歯科医院の誕生日…




開院記念日でした。





おめでとうと、数人に声をかけていただきましたが、




この方々は、365日…




砂田歯科のことをいつも気にかけてくださってたんだなぁ




と、胸がジーンとなりました。




開院記念日以外の364日も『ありがとう』って気持ちでいっぱいになりました。




人生では、三つの『間』を大切にするといいと言います。




人生の流れに乗るコツは




三つの『間』




それは、『空間』『時間』そして『仲間』




更なる一年に向けて、今後もたくさんの仲間たちと、




患者さまたちに接する時間を大切にしながら、




砂田歯科及び鶴栄会を盛り上げて行きたいと思っています。





今後も、よろしくお願いいたします。

by su-chan231 | 2011-12-19 17:07

『経営者の秘訣』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




あるビジネスセミナーで



『社長業に向く人の10項目』というのがありました。




10項目で10点満点




社長業には決断力が重要。




強靭な意思も必要…




組織をうごかせるような力がなければ




誰もついていかない。





このセミナーでは、十点満点から六点まで、




とった点数の順に手をあげさせて




講師は最後にこういったそうです。





『今まで、手をあげていない人がいるね。




その人は経営者に向かない。即刻やめなさい。





そのほうが、あなたにとっても従業員にとってもしあわせです。』





ほとんどの参加者が





七点~八点だったのに、その人はたったの三点…





その人の名前は





矢野博丈さん…





堂々たる3200億円の企業を率いる





100円ショップダイソーの社長さん






『私なんか、今日の昼食でさえ、何にしようか決めれんのに、決断力なんてあるはずがない』





と言われたそうです。





決断力より、強靭な意思より強力なリーダーシップよりも大切なのは、





個性にあったやり方かもしれません。





自分の個性にあったやり方で、





患者さまにどう喜ばれるかを考えながら、





今日も仕事をがんばりたいと思います。

by su-chan231 | 2011-12-19 10:23

『土下座』

こんいちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




土下座は、『魏心倭人伝』にも記述が残っている日本古来の礼法です。




もともとは偉い人に敬意を示すポーズでした。





しかし、今では深い謝罪を表すためにされることがほとんど…





不祥事を起こした会社の社長などが





土下座をしている姿がテレビにしばしば映り出されています。





土下座を潔い行為とする考え方も一部にはありますが、




考えてみればこれほど卑怯な謝り方はないように思います。





いわば謝罪の押し売り…





許すしかない状況に相手を追い詰めてしまい、




謙虚なようで実は誠意がないように思えます。





なのに、最近 ちょっとした『土下座ブーム』が起きています。




気弱そうな男性教師が




下座を武器にするマンガ『どげせん』、




ガチャガチャでは、『土下座ストラップ』





謝罪の言葉を押す『土下座スタンプ』





本気の土下座は疎ましく思えますが、





スタンプを使った土下座は愛嬌や余裕に満ちているように思えます…




土下座がギャグにさえなる社会の風潮…





なんとなく謝罪に対する不信感や諦めのようなものを感じるのは僕の考えすぎでしょうか?

by su-chan231 | 2011-12-12 19:28

0.1秒の奇跡

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




カールセーガン博士は、




宇宙の全歴史を一年に縮めた宇宙カレンダーを作りました。




ビッグバンが起きたのを、一月一日として、




今日が12月31日




宇宙の歴史を一年に設定せるのです。




最近の研究で、




宇宙が誕生したのは137億年前であるというのがわかりました。




それで計算すると、





宇宙のはじまりが 1月1日



銀河の誕生が1月11日



地球の誕生が8月31日



人類の誕生が12月31日20時48分



キリストの誕生が12月31日23時59分56秒



私たち人類が誕生したのは、ついさきほどということになります。





では、人生80年僕らの生きている時間は、





宇宙137億年の歴史に対してどれくらいになるのでしょうか?




それは、0.1秒です。





宇宙の歴史のなかでは、僕らの人生は0.1秒にすぎないのです。




まさに一瞬…




僕らはいま 0.1秒の奇跡の真っ只中にいるのです。




君にはふたつの生き方がある。




奇跡など起こらないと信じて生きるかすべてが奇跡だと信じて生きるかだ。




アインシュタイン

by su-chan231 | 2011-12-01 08:24