人気ブログランキング |

尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


『20分生きるために』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




みなさんは




食事を食べる前に手を合わせて、




『いただきます。』




と言っって食事をしていますか・・・?





ご飯を食べられること…




それはとてもありがたいことだということは、




毎日、当たり前のように食事をしていると、





つい忘れてしまいがちですね。




食べたものから僕たちのカラダは作られます。





人が良くなると書いて『食』です。





例えば、マグロのお刺身を2切れ食べたとします。




そのマグロは生涯でおよそ千匹のイワシを食べるそうです。




そのイワシはアミエビを五億匹食べ、




そのアミエビはプランクトンを約五兆匹食べています。





ちなみに、マクロ2切れは、




消費エネルギー的には約20分生きられるくらいの





エネルギーなのだそうです。




つまり、僕らは20分生きるために、




マグロ2切れを通して




千匹のイワシ、アミエビ約五億匹、




プランクトン約五兆の命をいただいている訳です。





僕らがいま、生きていられるのは





たくさんの命が支えていてくれるからこそです。




だからこそ自分の命を生かし切りたいと思っています。






ちなみに『ご馳走さま』という言葉には、




この料理をつくるためにいろんな人たちが





食材を集めるために走り回ってくれた、




そんなたくさんの人の働きで





この料理を食べることができたという意味があるそうです。





食べる前に『いただきます』





食べ終わったら『ご馳走さま』と手を合わせる。





そんな文化は日本以外にはあまりないとか…





僕がすばらしいと思う日本の文化です…

by su-chan231 | 2011-08-29 17:04

『一秒の言葉』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




地球上には60億人の人がいると言われています。





そう考えると、僕たち一人ひとりも個々に違いがありながら






『地球』という星を構成している一部に思えます。





どんなものも、小さなものが集まってより大きなものになっています。






時間もそうです。





今日という一日を過ごす自分の中には、




生まれてから今日まで、数十年間の思い出が詰まっていて、




さらに未来への希望も今日という一日にこめらるているような気がします…





『一秒の言葉』



『はじめまして』

この一秒ほどの短い言葉に一生のときめきを感じることがある




『ありがとう』

この一秒ほどの短い言葉に人のやさしさをしることがある




『がんばって』

この一秒ほどの短い言葉で勇気がよみがえってくることがある




『おめでとう』

この一秒ほどの短い言葉でしあわせにあふれることがある




『ごめんなさい』

この一秒ほどの言葉に人の弱さをみることがある




『さようなら』

この一秒ほどの言葉が一生の別れになるときがある




この詩は、時計メーカーのセイコーが23年前に




たった一度だけ流したCMですが、人々の心に残り、




小学校の教科書に載ったこともあるそうです。




残された時間…一秒一秒を大切に…

by su-chan231 | 2011-08-17 18:28

『星に願いを…☆』

こんにちは、尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。

 


今夜は、ペルセウス座流星群が活発で、




望遠鏡や双眼鏡なしで肉眼でも楽しめるようです。




ピークは13日の午前3時ごろだとか…




14日が満月のため




月が明るく一晩中夜空を照らしているため、




流星の観察の条件としてはあまりよくないようですが、




ペルセウス座の流星群は明るい流星が多いので




月明かりも吹き飛ばすような流星に期待したいものです。




ところで、みなさん…




一つの流れ星が輝いている間に願い事を三回唱えると




その願いが叶うってよく言われていますが、何故だかわかりますか?




これには、ちゃんとした理由があるんです。




流れ星って実際に見えるのは、一秒前後一瞬ですね。




しかも流れ星は突然現れます。




その間に三回も願い事を唱えるのは不可能に近いですよね。





でも、その突然現れ、




一瞬で消えてしまう流れ星にとっさに願い事ができるってことは、




普段から常に願い事を意識しているってことです。





それだけ、願い事…目標を意識しているってことは、




それだけ、願い事が叶えやすくなりますからね




ただ、それだけのことです。





いつもでもどこでも明確とした目標を意識すること




そして、目標に向かって行動すること





それが、夢を叶える一歩です…




みなさんは今夜…流れ星に何を願いますか?

by su-chan231 | 2011-08-12 23:04

『桃のお話』

こんにちは、尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




桃の美味しい季節になりました。




僕の大好きな果物の一つでもあります。





日本の昔ばなしでもお馴染みの桃には古い歴史があります。




中国が原産とされる桃は世界各国に広まり、




今でも変わらずたくさんの人々に愛されています。





桃の原産国は中国と言われています。




誕生したてのときは




『毛毛(モモ)』という名前のとおり




固い果肉の表面がたくさんの毛で覆われていました。





桃は『西遊記』の主人公、




孫悟空がたべたことでも有名ですよね?




昔、中国で桃はただの果物ではなく、




特別なものとして扱われていたようです。




それは桃源郷の不老不死の『仙果』として考えられていたのです。




『西遊記』のなかで、




孫悟空が任された仕事は




3600本の桃の木が植えられている桃園の管理。




手前にある1200本の木になった桃を食べると




3000年に一度の仙人になれて、




真ん中の1200本の木の桃を食べると




今度はずっと年をとらずに命をおとすこともない…




そして、一番奥の1200本の木の桃をたべると




天地があらんかぎり生き長らえると言い伝えられていました。





では、日本での桃の歴史はどうだったのでしょうか。





古事記や日本書紀などの記録によると、




桃は弥生時代には伝わり、平安時代にはすでに水菓子として食べられていました。




けれど当時の桃は甘くなく観賞用または、薬用として使うことが多かったようです。




明治に入って強い甘さが特徴の水蜜桃が輸入され、




多くの人が口にするようになりました。




そして実際に桃が栽培されるようになったのは、




江戸時代だといわれ、




もっと本格的な栽培が始まったのは明治時代だそうです。




明治32年には桃作りに情熱を注いでいた




大久保重五郎氏が新種の『白桃』を発見し、




それが岡山特産の『白桃』のルーツとなったようです。




彼は明治の桃太郎と呼ばれていたんですよ。




普段なにげなく食べている桃に




こんな歴史があったことをみなさんご存じでしたでしょうか?

by su-chan231 | 2011-08-09 23:10

『広島…原爆の日』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




被爆から66年…広島は、今日、『原爆の日』を迎えました。




今年の『原爆の日』は、これまでとは違った思いで迎えるような気がします。




今年、東京電力福島第一原子力発電所の事故が起き、




放射線による被害が繰り返されたことに、





私たちは悲しみと怒りを感じながら、『原爆の日』迎えたからです。





66年前の8月6日…広島に原子爆弾が投下され、





強烈な熱線と爆風、放射線にその年の末までだけで




およそ14万人が亡くなったと推計されています。





そして、現代にいたるまでたくさんの被爆者のみなさんが





放射線による障害に苦しんでこられました。





私たちは、核兵器の廃絶とともに、





放射線の被害を繰り返してほしくないという願いを持っています。






菅総理は、今日の平和式典でエネルギー政策を白紙から見直し、





原発に依存しない社会を表明するようです。





表明が早い実現となり、安全なエネルギー社会へ転換されることを望みます。





犠牲になった方々に黙祷を捧げ、




恒久平和と核兵器断絶、




安全なエネルギー社会への転換を心から祈りたいと思ってます。

by su-chan231 | 2011-08-05 17:41