人気ブログランキング |

尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


『Anniversary』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




実は、今日は結婚記念日です。




今でも、結婚式のことは鮮明に覚えています。





いろいろな事がありましたけど、あっという間でした。





よく夫婦のことを『空気のような存在』と言う人がいますが、





そうなのかもしれません。





しかし、いつもそばにいて当たり前で、





その有り難さになかなか気がつかないのかもしれませんね。






奥様や御主人を先に亡くされた方などで、





『いなくなってからその大きさに初めて気がついた。』という人のお話をよく聞きます。





普段は照れくさくて言えないけれど、妻には本当に感謝しています。





結婚記念日は、家族や友人、スタッフやさまざまな人の





感謝の気持ちの原点に返るときでもあるように思います。





妻を産み、育ててくれた両親への感謝…そして、僕の両親への感謝…





そんな大切な記念日です。





何より、今年も家族みんなが元気で今日の日を迎えられたことに感謝です。





来年も、家族みんな元気で迎えられますように…

by su-chan231 | 2011-06-26 17:27

『借りられる手』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




先日、大学の同窓会が広島であり、




途中 立ち寄ったスーパーで、アメリカンチェリーのつかみ取りをしていました。





それを見て、ふとカーネギーの話を思い出しました…




子どもの頃、カーネギーは母親と一緒に果物屋さんに買い物にいきました。





お店の人が言いました…




『さくらんぼをひとつかみ坊や、サービスしてあげよう』




しかし、カーネギーは掴もうとはしませんでした。




『さくらんぼは嫌いなのかい』とお店の人が聞いても




『嫌いじゃない…』




と答えます。





しかし、カーネギーは、全く手をださず、




みかねた店の主人が、さくらんぼをひとつかみして袋に入れてくれました。





家に帰り、どうしたのか母親に理由を聞かれると、





カーネギーはこう答えたのだそうです。





『僕の手より、果物屋さんの手の方が大きいからいっぱい掴んでもらえるでしょ?』





さすが天才ですよね?





人生では自分でやるよりも、





人の手を借りた方がうまくいくことも多々ありますね…





この話を、思い出した矢先、





歯学部に通う大学一年生の息子から、宿題の相談がありました…





頼られたことが嬉しくて、必死でいろいろな資料を探したりしました…





いつまでたっても、頼られる父でありたいものです。





宿題のヒントを息子にメールしてやると





、『ありがとう』と返事が来ました。





借りられた手も、嬉しいものですね。






素直に『ありがとう』と言える息子から、





僕も、大切な何かを教わったように思います。

by su-chan231 | 2011-06-18 15:19

『窓ぎわのトットちゃんギネス認定

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。





黒柳徹子さんの番組『徹子の部屋』が、




放映8961回を迎えギネスに認定されたそうです。




番組開始から、35年という長寿番組…




最近は、残念ながらあまり見る機会はないのですが、




僕の学生の頃からしている番組ですから、幾度となく見たことはあります。





俳優、歌手、作家などなど多彩なゲストを招いて





自然なトークが繰り広げられますが、




自然体で会話することは簡単なことではありません。





録画番組らしいのですが、編集はしないで、そのまま放映しているそうです。




黒柳さんが心がけていることは、




下調べをし相手に興味をもつこと…




なんでも、人が好きで、




自分が話すより相手の話を聞くのが好きなんだとか…




早口で、おしゃべりが好きだと思っていたから、意外でした。






窓ぎわのトットちゃんに書いてあるように、




彼女はこどもの頃から、




優等生ではなくいわゆる『変わった子』だったそうです。





音大で声楽を学んだり、




慶応で文学を学んだりしたそうですが、




好きなことに取り組まれてきたことが




今の仕事に生かされているのでしょう。





ユニセフ親善大使、平和運動家としても




永きにわたり地道な活動を続けていらっしゃいます。





今年78歳になられるそうですが、




もっともっと記録をのばしてほしいと思います。





まさに、記録と記憶に残る偉大な女性ですね…





コロコロ変わるテレビ業界で、





一つの番組がここまで続くのは司会者だけではなく、





スタッフの連携もいいのでしょうね。





鶴栄会も、スタッフの連携を強め、





すばらしい歯科医院として患者さまの記憶に残る法人になりたいと思います。

by su-chan231 | 2011-06-06 13:24

『優しく剛く』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




ある少女は、テレビをみて、ボランティア活動を思い付きました。




ジュースのお店をつくり、売上を募金する…




彼女の目標は一億円




彼女の情熱は本物で、




話をききつけた人々が訪れ




一日の売上は20万になり




1000万寄付してくれる会社も現れました




彼女の活動は5年で7700万にまでなりました




そして、彼女は享年八才で亡くなりました




彼女の名前は、アレックススコット…




一歳で小児ガンを発病し、四歳からボランティアを始めました





レモネードを作り、募金を集めるボランティアです。





たくさんの方が、賛同し、彼女の死後一億円が集まり、





今もなお遺志は引き継がれています。





彼女は生前こう言っていたそうです





『もし、人生がくれるレモンがすっぱくったって





レモネードを作ればへっちゃら』





仲間を助けるために全力でいきる…





夢をかなえるために本気でいきる…





彼女の生き方にリーダーシップの真髄をみたような気がします…





法人のトップとして、





いつも僕が意識していることは、





『ここで働きたい』と思ってもらえるような、スタッフを大切にしている法人作り…





人生の中で、多大な時間をかける仕事だからこそ





お金のためとはいえ、それぞれのスタッフに、





自分を大切にしながら働いてもらいたいと思っています。






スタッフに気持ちよく働いてもらうためには、





僕自身が優しくないといけないと思っています…





そして、優しさには剛さが必要だと…





リーダーシップとは、他人のことを考えること…





彼女のように、優しく剛い人間になりたいものです…

by su-chan231 | 2011-06-02 02:28