尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


『ゴルフと仕事の共通点』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。





皆さんは、壁にぶち当たったときや、




課題を抱えたときにどうしていますか。




そこで、どのように動くかで




その後の人生が大きくかわってしまうような事態であったら、




どうしていいのか萎縮してしまいますよね。




今の若者は、打たれ弱いと耳にすることがよくあります。





失敗を恐れるあまり、立ち向かう勇気がないのだとか、、




僕も、歯科医になり開業し20年あまりになりますが、




その間、幾度となく壁にぶち当たることがありました。




では、どうやって試練を乗り越えてきたのか。




運もよかったのかもしれませんが、




その度に自分にとにかく負けないように心がけてきました。





僕は、常に、人に勝たなくてもいい自分に負けなければ…




ということを意識しています。





それは、僕の大好きなゴルフにも、通ずるものがあります。




ゴルフは、自分を試す機会…




意識しようがすまいが、




自分自身の人間性を披露する場でもあります。




単なる遊び、趣味だと侮ってはいけないのです。(笑)





僕は肝に銘じています




『心してゴルフせよ』




昨日は、先週に続き、キャプテン杯で、決勝でした。




先週の予選は3位でしたが、なんども壁にぶち当りながら、




なんとか準優勝となりました




1位とは一点差です。





ゴルフは100%自己責任、




好不調の要因をメンタルが占める割合がことのほか大きいです。






打つ前の精神集中がなんともいえない快感で、





ミスショットのあとの





反省→改善策検討→実践というPDCAのサイクルの繰り返しも





まさに仕事と一緒ですね(笑)




でも、仕事もゴルフもはまるとなかなか家族サービスができないので要注意です(笑)




と、いうことで明日からはしっかり家族サービスをさせていただきます。




みなさんも、よい連休をお過ごしください。

by su-chan231 | 2011-04-30 15:46

『ドラえもんに学ぶ家族サービスのすすめ』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




のび太くんと結婚する結婚前夜のしずかちゃんのお話…




しずかちゃんはパパに、こう言いました




『わたしがお嫁に行っちゃったら、パパ、淋しくなるでしょ。




これまで、ずっと、甘えたり、わがまま言ったり




それなのに、わたしの方は、パパやママに何もしてあげられなかった。』




すると、パパはこう言いました。




『とんでもない。君は、僕らに、すばらしい。贈り物を残していってくれるんだよ。




数えきれないほどのね。




最初の贈り物は、君がうまれてきてくれたことだ。




午前3時ごろだったよ。君の産声が、天使のラッパみたいに、聞こえた。




あんなに、楽しい音楽はきいたことがない。




それからの毎日、楽しかった日々、




満ち足りた日々の思い出こそが、




君からの最高の贈り物だったんだよ』




こんな話があったのをみなさん知っていましたか?




僕も、結婚が決まってから、




なんだか、両親がとてもやさしくなったような気がしましたが、




いまから思えば、




実際には、両親はなにも変わらず、




僕の感じかたが変わったのかもしれませんね。




あなたが、そこにいてくれるだけでいい。





そんな無償の愛を注ぎ続けてくれる、両親にはいくつになっても感謝したいものです。





そして、自分に子どもができたときから、





もっとその気持ちが強くなったように思います。





ゴールデン・ウィークは、ゴルフはお休みし、





東京にこどもたちに会いにいってきます。





こどもたちと一緒に過ごせるゴールデン・ウィークは、





こどもたちからの何よりの贈り物なのかもしれませんね。





普段忙しくてなかなかできない、家族サービスをしてきたいと思います。

by su-chan231 | 2011-04-28 17:58

『スーちゃんの訃報』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




元キャンディーズのスーちゃんこと女優、




田中好子さんが乳ガンのために亡くなったとの訃報を突然知りました。





キャンディーズ…と聞いて、




大切な思い出の小箱がふいに開いたような感覚につつまれました。




キャンディーズのファン層は、僕らのように40代、50代…




キャンディーズが全盛期に、10代、20代だった人たち…




当時、社会現象にもなったキャンディーズというのは、




単なるアイドルへの思い入れを越えて、




時代の記憶と密接に結びついた存在だったような気がします。





キャンディーズが解散しその後再結成もされることなく、




不意討ちのような今回の訃報は、




キャンディーズとともに記憶の底にしまわれていた、




僕たちが少年少女だったころの日常の数々の思い出も




いっしょに蘇らせてしまうようなそんな気がして、




余計に切なくなりました。





一足先に旅立ってしまったスーちゃんと同じように、





もう二度ともどらないあの頃…





かけがえのない、懐かしい思い出の記憶にできた、喪失感…





なんとなく青春の終わりの日のようなさみしさを感じました…




葬儀では、田中さんの肉声が斎場に響き、




絞り出すような息苦しそうな声で、





まず第一声が





震災で命を落とされた被災者への思いを伝えられたのを、





テレビでききながら、僕は涙がでそうになりました。






自分の命が消えそうなとき、





そんな状態で他人を心配する田中さんの人間性に心をうたれました。





出棺の際には、キャンディーズのデビュー曲





『あなたに夢中』が流されたようです。




♪あなたが好き



とっても好き



私はいつもあなたのすべてに夢中なの…





最後まで、感謝と思いやりを忘れなかったスーちゃん…





みんなが夢中になった。





その思い出は永遠に消えません…





スーちゃん ありがとう





合掌

by su-chan231 | 2011-04-27 00:53

『春の雨』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。 


 

「春雨や蓬をのばす草の道  松尾芭蕉」




さまざまな植物を潤し成長させる雨ですが…




とくに、春の雨は大地を湿らすことで、




植物たちが一斉に芽生え、花をさかせます。





この時期、植物の成長具合をよくみてみると、




日に日に成長していることに気がつきます。





春の花を咲かすのを促すように降る雨を、





『菜花雨』というようで、




菜の花頃に開花を促すように降る雨から名前がついたとか…





植物にとって大切なめぐみの雨ですね





時によっては嫌な雨ですが、




雨がふったことで




この様に、植物が成長したり、




花を咲かせたり




また、雨のあとはキレイな虹を見ることもできたりします。





四月も中旬になり、



例年でしたら新しいスタートに心弾む季節ですが、




被災地ではまだ多くの方々が




まだ寝食さえも行き届かない状況におられます。




普段と変わらぬ暮らしができていることに感謝しながらも、





本当に、毎日、被災地の報道を耳にするたびに心が痛みます。




人生にはいろいろな、『雨』が降ります。




でも、止まない雨もありません。




頑張っていらっしゃる被災地のみなさんに、




無責任にこれ以上




『がんばろう』とか『大丈夫』とか言いたくありません。




雨のあと、虹をかけるのに、




がんばらなきゃいけないのは、




普通に暮らせているむしろ僕たちのような気がします。





人はみんな生きているうち、何かの当事者になります。




当事者にも、当事者でない人間も共通する生き方は何か?…




その答えを模索しながら、今日一日も過ごしたいと思います。




被災地のみなさん、決して一人ではないことだけは忘れないでください。

by su-chan231 | 2011-04-20 11:55

『届かないパットは…』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




今日のお休みも、ゴルフに行ってきました。



期待はずれのスコアで、少し凹んでいます。(笑)




タイガーウッズが、




届かないパットは絶対にカップインしない…と、




以前言っていましたが、




パッティングの難しさは、




カップという目標物にめがけて、




強めに打つか、弱めに打つかの選択だと思います…




強すぎるとオーバーするかもしれないし




弱めだと距離は縮まるけれど…




どちらを選ぶか?いつも悩みます。




でも、届かないパットを打っても 絶対にカップインはありません。




自分が設定した、目標に対し




強気に攻めるか




失敗を気にして、恐る恐る進むか




これもまた、パッティングに通じるものがあると思います。




もし、オーバーしたら、




その時点で、また、考えたらいい・・・




積極的な失敗は、




消極的な失敗より価値があるような気がするのは僕だけでしょうか・・・



ということで、来週も今週のリベンジゴルフ頑張りたいと思います(笑)

by su-chan231 | 2011-04-17 09:26

震災から学んだこと③

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




ソフトバンクの孫社長が、被災者救援のために、




役員報酬全額の100億円の寄付を申し出たり、




UNIQLOの柳井社長も十億円を…




プロゴルファーの石川遼くんも




二億円を目標とする賞金の寄付を申し出ていることが、




マスコミに大きくとりあげられています。





いつもなら、偽善者だとか売名だとか




『冷笑的』なマスコミの語調も抑制され、




好意的に記事を記載してあります。




これは、一種の時代の変化の訪れのように思います。





私財を公共の福祉に投じることは、




明治大正には、財をなす人の義務だったようです。





それは、ひとりの社会的な成功は





無数の人々の成功によるもので、





それを一人のちからの成果として独占することは




間違った考えとされていたからだとか。





それが、近代においては、誰にも迷惑をかけない、




かけられない生き方が主流となってきました。





しかしながら、安全で豊かな時代は長く続かないのでしょう。





迷惑をかけたり、かけられたり





『お互いさまの精神』をもう一度見直す時代が来たのかもしれませんね。





困ったときはお互いさま…




その気持ちを大切にしながら、




まずは地域との関わりをみなおしてみたいと思います。

by su-chan231 | 2011-04-14 21:34

『震災から学んだこと②』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。



毎日のように、マスコミは『警視庁のまとめによると』という文句で、



震災の死者数、行方不明者数を発表します…




両者をあわせると最終的には三万人近くになるとも言われています。




僕も医療関係者ではありますが、死を数える習慣がありません…





交通事故の死者は年間五千人近く、自殺者も年間で三万人います。




バラバラに単発で起きたことなので、




関係者以外は気にとめることもありませんが、




数で言えば震災の犠牲者と同じくらいの規模です。





僕は、死者の数で被害の規模は、はかれないと思います。




大切な人の死は決して何万人分の1ではなく、





ただ一人の死にしかすぎないと思うのです。




被災者のみなさんは、




悲しみにのなかにも家族の遺体と会えたこと、




荼毘にふすることができたことを




感謝している人がたくさんいらっしゃいます。




また一方で、もう亡くなっているかもしれない人を




毎日毎日必死で捜している人もいます。




一人一人の死を重く受けとめ、





医療関係者の一人として自らの使命を考えながら、




日々、真摯に仕事を続けていきたいと思います。

by su-chan231 | 2011-04-13 11:03

『震災から学んだこと①』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




3月11日に発生した東日本大震災で被災されたみなさまには、
謹んでお見舞い申し上げます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
ご遺族の方々に心からお悔やみ申し上げます。

また、被災地におきまして、被災された方々の救助および
支援に尽力していらっしゃる皆様に深く敬意と感謝の意を表します。

あらためまして、被災地の一日も早い復旧、復興を祈念いたします。



毎日、毎日、東日本大震災の大惨事には、



悲しみに胸をかきむしられる思いです。



そんななかで、被災者のみなさんに励まされる大きな気付きもあります。




被災地の人々が寒空の下何時間も並んでやっと手にいれた



おにぎりやお水やあたたかいお汁を受けとるときに、



『ありがとう』と言っている姿です。



家族を失った人もいます。



でも、取り乱したりせず、きちんと『ありがとう』と言う…




同じ状況で、『僕も同じ態度がとれるか?』と




自分自身に問いかけても『できる』と即答する自信は正直半分くらいです。




恥ずかしいです。




自分も被災者でありながら、




救助作業や医療現場や原発で作業に労を惜しまず働く人々…




本当に頭がさがります。




何かあるとすぐに、心が折れてしまいがちな私たちですが、




人にコミットメントする心は、人々に元気をもたらす源です…




日々、心が折れそうになったとき、




今回の被災地の人々の『折れない』




『折れないように自分をやっと保っている姿』を思い出しましょう。




些細なことで不満をいってる自分がどんなに贅沢か気付くはずです。




僕たちにできることは小さなことかもしれませんが、




義援金、救援物資の協力な不要なエネルギーの節約…




小さなチカラですが、やれるだけの支援をするつもりです。




鶴栄会も被災地のみなさまのことを全力で支援してまいります。

by su-chan231 | 2011-04-12 10:37

『夢は大きく…目標は小さく』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




いまだ、震災でご家族が行方不明になっておられる方々が




大勢おられる事には毎日、胸が痛みます。






さて、4月となり、新年度が始まりました。




皆さんも、それぞれ自分の目標というものをお持ちだと思います。




ですが、目標を達成するのはなかなか大変ですよね。





そこで、目標を『棒高跳び』に例え、




達成する方法があるので紹介したいと思います。





まず、目標というものは設定しなければなりません。




どんな棒高跳びの有能な選手であっても、




バーがなければどのくらい高く跳べばいいのか分かりません。





でも、あまり高く設定するのはよくありません。





跳んでも跳んでも、絶対に届かないような高さだと




気持ちが沈んでしまいますからね。




まずは、ギリギリ跳べるぐらいの高さがいいと思います。




そして、何回も練習して、その高さが跳べるようになったら





次はバーを1㎝だけ高くして再度チャレンジします。




1㎝だけというのがポイント・・・




20㎝も30㎝もあげちゃったら、




達成できなかったとき、また落ち込んでしまいますからね。






わずかでも、達成という成功を味わうと自信がわいてきます。




なので、少し…また少し、




バーをあげていけばいいんです。





人間はその連続で成長していくんです・・・





高度な目標に何度も失敗するより、




適度な目標を何度も達成しよう!





無理してそんなに高く跳ばなくてもいい・・・




とりあえず、昨日の自分を一センチだけ 飛び越えてみよう・・・




今春、大学生になる長男へ父の想いです・・・

by su-chan231 | 2011-04-04 17:30

『サクラに想う』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




縦長の日本では、一月に沖縄のカンヒサクラに始まり、




5月下旬の北海道のチシマサクラまで、




何ヵ月もかけて桜前線が北上します。




東日本大震災の被災地である東北地方も、これからが、桜の本番…




満開の桜が、少しでも被災地の方の心を癒して、




希望の光をともしてくれればと切に願います。




古代日本人は、桜の花の開花の状態により、




秋の豊凶を占ったそうで、




豊かな実りへの願いをこめて開花をまち、




花を見つめてきた永い歴史が、




現代の僕たちの桜をみるココロにも受け継がれているのでしょう。




桜は、開花前は樹皮も全てがピンクだそうで、




木全体で懸命になり最高のピンク色になろうとしているそうです…




幹も、樹皮も、桜は全身で春のピンクに色づき、




花びらはいわばそれらのピンクが、




ほんの先端だけ、姿をだしたもの、





桜のなかにある、そんなひたむきさが、




僕たちを魅了するのかもしれませんね。





しあわせなことを『幸い(さいわい)』と言いますが、




その語源も『花盛りが長く続く』という『咲き配(さきはひ)』から来ているようです…





古代の日本人は、




ココロのなかに、花が咲きあふれている状態をしあわせと感じたのでしょうか。





現代の僕たちが、満開の桜をみて、




幸福感を味わうのはそんな記憶によるものかもしれません…




未曾有の災害に見舞われた、この春…




厳しい冬を乗り越えて、全身で懸命に咲く桜の姿は、




僕たちに勇気をあたえてくれることでしょう。





みなさんのココロに今年残る桜はどんな桜でしょうか。

by su-chan231 | 2011-04-04 16:25