人気ブログランキング |

尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


『人生の出口…』

こんにちは、尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。



最近、ふと考えるところ・・・



人生は入口で決まるのではなく、



選んだ道をどう生きていくかだろうと




思う事があります。





人の一生って、選択の連続ですよね。




例えば、受験、就職、結婚…




我が家も長男が受験生のため、




さまざまな選択に迫られています…





どの入口を選んだかによって




人生が左右されてしまうような




重大な選択も多々ありますが、





しかしながら、




決意をもって選んだ入口を進んで




いい出口にたどり着けるとは限らないと思います。





むしろ、




入口を選び入ったあとで、




自分自身がどのように努力しがんばるかによって




出口が決まると思うのです。





人生は入口の選択だけでは出口は決まりません。




人生…生まれ方や死に方は選べませんが、




生き方は選べる…が僕のポリシーでもあります。






そんな人生の醍醐味を日々味わいながら、




いいゴールを目指したいと思います。





我が家の受験生の長男…どんな入口をまずは選ぶのでしょうか。





父親として、温かく見守ってやれればと思います。

by su-chan231 | 2010-10-25 17:31

うさぎ美味し…?

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです




今年も残り…約2ヶ月となり、




早くも書店の店頭には来年の年賀状のイラスト集が並ぶ季節となりました。





来年は、卯年…来年の干支はウサギです。






犬や猫は一匹、二匹、




鳥は一羽、二羽と数えますが、




何故かウサギも一羽、二羽と数えますよね。





鳥類ではない哺乳類のウサギを、





何故一羽二羽と数えるのでしょうか。




皆さん、疑問に思ったことはないですか?




日本は、明治時代…宗教上(仏教)の理由から




四本足の動物を食すことが禁じられていました。




しかしながら、当時の人々はどうしても、




この四本足のウサギが食べたくて、





ウサギはピョンピョン跳ぶからウサギの耳は羽であり、





鳥類だとこじつけてたべていたことから、





一羽二羽と数えるようになったようです。




どうみても…ウサギは鳥には見えませんが…(笑)








ちなみに最近では、




ウサギも一匹二匹と数えることが普通になったようで、




先日の新聞記事も匹と記載してありました。





余談ですが、




ふるさとの歌『ウサギ追いし』を『ウサギ美味し』と




思っていたのは僕だけでしょうか。(笑)





ウサギは時々、フレンチでいただきますが





あまり美味しいとは思いません。





来年の干支はウサギですが、





今年こそは、年賀状の印刷を早めに終えたいと、思っています。

by su-chan231 | 2010-10-23 16:10

『好きこそ物の上手なれ』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです




『やりたいことが見つかりません。』と言う人が多いですが、





そんな人に対してヤマト運輸元社長の小倉昌男さんは、





『どこかに好きな仕事があるわけではない。目の前にある仕事を好きになれるかどうかだ。』





と言われています。





皆さんは、




いまされている仕事の好きなとこがいくつあげられますか。





まずは、あれこれ考えずにやってみてその中から、




興味を持てるところ、好きなところを見つけることが大切だよと、




僕もよく新人スタッフに話します。






いま置かれた環境のなかで、




興味を持てるところを探すのが仕事が




上手になれるコツだとおもっています。






いま置かれた環境の中から





自分自身に与えられたプレゼントをいくつ見つけられるかによって、





新しいステージが開けるはずです。






そう考えるとしあわせのコツも、





この瞬間の中で恵まれているところがいくつあるか探すことかもしれませんね。







『どんな人に会っても、




まずその人の中にある美しいものを見るようにしています。




この人の中で一番素晴らしいものは何だろう、




そこから始めようとしております。




そうしますと、




必ず美しいところが見つかって




私はその人を愛することができるようになって、




それが愛の始まりとなります。』・・・・マザーテレサ






興味があるからやるよりは、




やるから興味がでたり、




やるから好きになることが多いようですね。






小さなことに素晴らさに気付くことから人生は開き始めるのかもしれません。

by su-chan231 | 2010-10-20 17:55

『80:20の法則』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです




『仕事の成果の80%は、費やした時間の20%が生み出している。』




『売上げの80%は、全顧客の20%が生み出している』




『利益の80%は、全商品のうち20%の商品が生み出している。』




原因のわずかな部分が、結果の大部分を占めるというパレートの法則…




この法則は、仕事からプライベートまで役立つそうで




80:20は、ビジネス界の黄金比率と言われています。





少なくとも、数値ができるものに関してはこの法則が成り立つようです。






とにかく…結果の大部分はわずかな原因によって決まる…





このビジネス界の黄金比率ですが、





人間界に当てはめると、





人間どんなに努力しても2割は欠点や失敗が残るということになるのでしょうか。





2割の欠点は当たり前…





むしろその2割の欠点は自分自身が作っている。





そう考えると気持ちが少し楽になりませんか。





100%の自分が好きなナルシストより、





2割の欠点があった方が人間成長しますよね。






相手に対しても100%を求めず、





人間だれも20%の欠点や失敗は当たり前と思うと






寛容にさえなれる気がします。





100%は神様だけでしょうか。






2割の人間らしい、欠点を許せる人になりたいものです。

by su-chan231 | 2010-10-09 20:52