尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


「しあわせの方程式・・」

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。


みなさんは、寝つきはよいでしょうか。



僕はゴルフのあとなど、適度な疲労があったりすると



よく眠れますが、



仕事のことなどを考えながら眠ろうとすると




なかなか眠れない夜もあります。





そんな眠れない夜に、究極の睡眠方法をお伝えしたいと思います。




ひつじが一匹・・二匹・・と数える




なんて単純なものではありません(-"-;)




究極な方法・・





それは しあわせを数えるんです。




これはピール博士の「しあわせの方程式」というものだそうですが・・





眠る前に、布団のなかで目を閉じて



I am happy, because・・

「私はしあわせです。なぜなら・・」その理由を考えるんです。




たとえば



私はしあわせです。なぜなら今日も生きてるからです。



私はしあわせです。なぜなら、家族がいるからです。



私はしあわせです。なぜなら今日もおいしいご飯が食べられたからです。




しあわせの理由を、



健康のこと仕事のこと家族のこと何でもいいから10個見つけて眠るのです。




これが


「しあわせの方程式」





しあわせってこう考えるとなるものではなく、




見つけるものなのかもしれませんね。





小さいしあわせに気づくほどに 大きな「ありがとう」に変わるような気がします。




今夜からいかがでしょうか?



I am happy, because・・・・・

by su-chan231 | 2010-04-29 19:46

龍馬伝

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです



大河ドラマ「龍馬伝」が放送されて、



坂本龍馬にハマる女性が増えているそうです。




また、大河ドラマを見たこともない人も



福山雅治効果もあり、放送以来高視聴率がキープされているそうです。




坂本龍馬のエピソードのひとつに、



土佐勤王党という政治組織の同志を増やすため、



徳島に出かけた龍馬は、



目星をつけた侍の家に泊まりこみ勧誘を試みるが、



当の侍は自分が抱えていた嫁姑の愚痴を延々とこぼし、



龍馬は夜中までじっと聞き入り、



一言も勤王党の話をしなかった・・・という話があります。




主義主張の時代であったにもかかわらず、



龍馬は目的とは関係ない小さな事柄のためにも動く。




大意は忘れないけれど、



小さな事柄にも目を向けて行動できることが



彼の人生をより豊かなものにしてると思います。




自分のことより、人のことばかり考えていた龍馬・・





声がかかれば小さなことでも敵味方関係なく全力で動く・・




そんな生き方が「坂本龍馬」という人物を作りあげたんでしょうね。



没後、140年以上たったいまなお



坂本龍馬が輝いて見えるのは、彼が絶望しない男だったからとか。



33年の困難に満ちた短い人生の中で、



彼は一度も絶望したりあきらめたりせず常に前向きだったそうです。





絶望しない人というのは後に生きる僕らにとっての「希望」になるんですね・・・




司馬遼太郎の「龍馬がゆく」読まれてはいかがでしょう・・・

by su-chan231 | 2010-04-10 18:03

追悼 木村拓也

こんにちは、尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。


尾道の桜が満開となりました・・・



昨夜はお花見で、今年の桜をしっかり愛でることができました。



もし、一年中桜が咲いていたら



きっと人はこれほど桜を愛でることはないでしょうね。




散りゆく様さえ美学となる・・・



それはまるで人生・・




限りある命だからこそ燃やし尽くすのだと思います。




一度きりの人生だからこそ・・・




人は必死に生きるのです。





プロ野球選手の平均在籍年数は7年といわれます。



そんな野球人生、



瞬きのような刹那的な煌めきを我々に魅せてくれます。




今年が最後となる選手も数多くいます・・・



全てが完全燃焼ともいかないでしょう。





そんな選手の野球人生から学ぶことも多々あります。




黄昏は終焉・・・



限りあるゆえの終幕・・・



しかし思いは永遠・・・





木村拓也コーチ・・・



あなたはまだ燃え尽きてはいません



また我々と一緒に生きましょう・・・



限りある命をわれわれの胸のなかで燃やし尽くしましょう。





新たな野球人生をスタートされたばかり、



幼いお子様三人や奥様を遺して逝かれることは、



さぞかし無念だったと思います。





御冥福を心からお祈りするとともに



木村コーチの野球に対する想いを、




今後たくさんの選手が受け継いでくれることを願ってやみません。




合掌

by su-chan231 | 2010-04-08 18:08