人気ブログランキング |

尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


my revolution!

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。



イギリスの教会大司教の言葉で



「若い頃、世界を変えたいと思ったが変えられなかった。



仕方がないので国を変えようと思ったがダメだった。




その後、自分の住んでいる街を変えようとも思ったがやはり変えられなかった。




もっともっと年をとって家族を変えようと思ったが無理だった。



寿命が少なくなってやっと気づいた。



もし、自分が変わることができていたら家族は変わっていただろう。




家族が変わればその協力を得て少しは町を変えることができたかもしれない。




町が変われば町の人々の協力を得て世界を変えられたかもしれない・・・」というのがあります。





変革というものについてとても含蓄ある言葉だなと思います。


この言葉をどう捉えるかは人によって様々だと思います。




僕は、何かを変えたいと思ったらまずは自分が変わる必要がある




そしてそれが周りにとって正しいことであるのなら




小さな輪はやがて大きな輪に変わるだろうという意味に捉え、




心に深く刻みこまれました。






今年も残すところもう2ヶ月半となり、




早くも来年のスケジュール帳などが売り出される季節となりました。






わが鶴栄会の今年度の目標は「向上心を持とう」・・・





まずは自分が変わらないと周りが変わることはない。





心に銘じて、残り2ヶ月半、 「向上心」を持って 頑張って行きたいと思います。





ブログの更新も頑張るぞぉ~(笑)

by su-chan231 | 2009-10-21 15:13

木犀

こんにちは。尾道市の歯医者、歯科医のすーちゃんです。





ある日、ふと 木犀の香りが鼻をくすぐる・・秋が来たなぁ~と実感します。






よく見かけるのは 橙色の花の金木犀と、白い花の銀木犀ですが、



木犀という漢字を使うのは、木質 が動物のサイに似ているからだとか・・





しかしながら、本来の木犀は、また、別にあり




こちらは桂と呼ばれていました。





中国から日本に入ってきたときにどうやら混同されたようです。





桂という植物は、日本にも元からあるからややこしいですね。






桂花茶は 名前のとおりの木犀の乾燥花を使ったお茶・・




木犀科の植物には、ジャスミンやライラック、レンギョウなどもあり




香りの王道をいく植物が多く、お茶の香りにもよく添えられています。





僕もジャスミンティーは大好きです。





もうすぐ、道を歩くたびに金木犀の香りがする季節になります。





この香りは、個人的にも大好きです。






なんとなく金木犀の香りはノスタルジックな気分にさせてくれるような気がします・・






人間の五感の中で記憶との結びつきが最も強いのが嗅覚だそうですから、





いろいろな思い出がにおいとともに甦るのでしょうかね。






金木犀・・十字の星の花




みなさんは 匂いとともに どんな思い出を 思い出されますか?

by su-chan231 | 2009-10-12 10:32

柘榴(ざくろ)

こんにちは。尾道市の歯医者。歯科医のすーちゃんです。



昔、僕がまだ小学生だったころ・・ザクロがあちこちのお家の庭によく植えてありました。




秋の始めの運動会間近な頃、




垂れた枝先についた実がはじけ



中から紫か゛かった赤い実がのぞいてたザクロを



通学途中に友達と一粒、一粒とたべると



甘酸っぱさが口に広がったことを鮮烈に覚えています。




ザクロは葡萄と並んでかなり古くから栽培されて来た植物として知られていますが、




その実は、唯一の虫がつかない果物として言われてきました。






江戸時代には、その果汁の汁が鏡を磨く材料として、重宝されてもいたようです。






また、たくさんの男性の中に一人だけ女性がいることを「紅一点」と言いますが、




この「紅一点」とは




春になると薄い赤の筒状の花を咲かし緑の中でひときわ目立つ




ザクロの花からいわれが来ているようです。





ザクロの味は、林檎が美味しいとか、梨が美味しいとかという




美味しさとは少し違うような気がします。




それでも、あの甘酸っぱさを楽しみながらおいしく食べる・・




懐かしい思い出が甦る味わいを甘酸っぱく 楽しんでいるようで・・・





ザクロ・・あの実のなかの一粒一粒に 懐かしい思い出が 詰まってる気がします。





秋 石榴 石榴の実の一粒だにも 惜しみ食ふ   山口 誓子




石榴 赤し ふるさとびとの 心はも    高浜虚子





詩人たちも ザクロの実を一粒一粒味わいながら 郷愁の思いを寄せていたかもしれませんね。







ところで、ザクロの甘酸っぱさ・・人肉の味と言う言われもあるそうです(汗)




ご存知でしたでしょうか?(笑)

by su-chan231 | 2009-10-07 16:28