尾道の歯科・歯医者すーちゃんのブログ


広島県尾道市の歯医者、すーちゃんのブログです HC7になりました
by su-chan231
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


こんにちは?こんにちわ?

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。






「こんにちは?」「こんにちわ?」





日課のメールチェツクをすると、



「こんにちわ」の書き出しを目にすることがあります。






「んっ~?これって、こんにちはの書き間違いかなぁ」といつも思います。





数日すると、年配の方からいただいたお手紙などで、




また「こんにちわ」の書き出しを目にしてしまう。






「こんにちは?」「こんにちわ?」どちらが一体正しいのだろう?




皆さんは、気になった事はないですか?





本来「こんにちは」は「今日は」から来ている挨拶なので、




語源からいうと 助詞の「は」が正しいのだと思います。




また、「今日は、ご機嫌いかがですか?」が縮まったものとも言われています。





その根拠に、



昭和61年7月1日内閣告示第一号




「現代仮名遣い」第2表記の慣習を尊重して助詞の「は」は、「は」と書く。




「例、こんにちは。こんばんは。」と記してあります。





知ってました?


 


しかしながら、この告示はあくまで法令などの表記の




「仮名遣いの寄りどころを示す」ものですから、





個々人の表記にまで及ぼそうとするものではないと前書きしてあります。





ちなみにGoogleで検索してみると、




「こんにちは」が約2060000件「こんにちわ」が約230000件のヒット




意外に「こんにちわ」も使われているのですね。





「一所懸命」だったのが、



今では「一生懸命」が定着しているように、



現代用語も都度見直されて、




使う人が多い方に合わせていく考えになりつつありますから、




どちらも正解なのかもしれませんね。





こうやって、



母国語について時々考える機会があるのは、




日本の文化や歴史を振り返る意味でもいいものですね。






ちなみに僕は、「こんにちは」派です。

by su-chan231 | 2009-09-30 17:05

ありの実

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。



味覚の秋となりました。



「ももくり三年、梨の大馬鹿十八年」のことわざがあるように、



日本人は梨が大好き。




僕も、梨は好きな果物の一つです。




「ペア」の洋梨より、梨の方が好きです。





梨にもいろんな種類がありますが、私は「幸水」が好きです。







日本では、四季折々の色彩豊かな自然が、




日本人の美意識を育み、梨にも大きな影響を与え、




長い年月をかけて、色、形、サイズ、風味など試行錯誤を繰り返し、




今ではたくさんの梨の種類がありますね。






日本人と梨のお付き合いは長くて、



「日本書紀」にも記録があるくらいです・・・




ご存知でしたか?







「梨」は「無し」に通ずることから「ありの実」とも言います。



縁起をかつぐ日本人らしい表現ですね。





「梨むくや甘き雫くの刃を垂るる」  正岡子規




正岡子規も、梨の雫の甘さがお口のなかに広がっていったのでしょうね・・・





秋になると実が熟し、一段とおいしくなる梨、




その「甘酸っぱい」味わいに感謝して





いっただきまぁ~す!!

by su-chan231 | 2009-09-28 11:23

読売ジャイアンツ優勝!

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




昨日、プロ野球セリーグのペナントレースで



3年連続で読売ジャイアンツが優勝しました。





ジャイアンツと言えば


プロ野球チームの中でも、名門中の名門で



私が小学生の頃、



9連覇という偉業を成し遂げたチームです。





もちろん、サード長嶋、ファースト王、キャッチャー森、セカンド土井などなど




数々の名選手がいた事でも有名ですね。




さて、昨今のジャイアンツと言えば、




他球団の主力選手を




金銭トレードで獲得し、チームの補強を行なってきましたが・・・




数年、強いジャイアンツの姿はありませんでした。






原監督が就任以来、




若手自球団の選手の育成に力を入れ、




その成果が実ったのが、今年のジャイアンツの優勝へと




繋がっているように思えます。




その中で、監督だけでなくベテランの選手の存在が重要だったように思えます。






私達、病院のチームも同じ・・・




ベテランと若いスタッフの調和が大切ですね。

by su-chan231 | 2009-09-24 11:47

お彼岸 シルバーウィーク

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




暑い夏がすぎ、長袖で丁度いいような日が続いていますね。



夏の疲れがみなさんでていませんか。





また、秋のお彼岸の頃となりましたね。



お彼岸やお盆には、故人の在りし日を偲び、お墓で手を合わせる・・




人間にとってとても尊い姿だと思います。






『お彼岸』は、春分の日、秋分の日を中日とした一週間を言います。




インドの言葉で、渡るという意味の『パーラミター』が中国では『到彼岸』となり




日本に『彼岸』となって伝わったとか・・・





『彼岸』はお浄土の世界・・



日本では、なぜかお浄土は西にあるという思想が強く、




太陽が真西に春分、秋分の日がお彼岸になったんだと思います。





私も、今年になって縁ある方々が何人かお亡くなりになりました。




今年のお彼岸には、娘のところに行くので、お墓参りも難しいですが、



どこにいても、無き故人を偲ぶことはできます。




『亡き方々とのご縁を偲びながら、ちょっと立ち止まって自分の歩みを振り返ってみたいな・・・』



と思います。





亡き人からのご縁を頂き、自分自身を見つめなおす時間をいただく・・・



それが僕にとっての『お彼岸』だと思います。



みなさんも、そんな事・・・ちょっと考えてみませんか?








秋の連休・・お墓参りに行く際に『車混んでるなぁ』なんて イライラしないように~(笑)

by su-chan231 | 2009-09-20 07:36

『水族館の資本主義』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




先日、大学生の長女が夏休みの課題のため、水族館に行って来たようです。




子供たちが小さい頃は毎月、王子動物園とか須磨水族館や姫路動物園、宮島水族館、



などなどに家族でよく行っていたことを懐かしく思い出しました。






当時の水族館は、すごい人気で休日となれば家族連れでいっぱいでした。




それに比較すると今の水族館はなんとなく閑散として、




ブームも去るとすぐに陳腐化する日本の資本主義を象徴しているかのようです。





当時、水族館ではラッコが大ブームで、




お腹のうえで貝を割る姿や表情がとても魅力的で、大変な人気者でした。




私にしてみれば、カワウソとラッコも同じように思っていましたが・・(笑)





ラッコって確か『ウミカワウソ』とも言いますよね。



英語では、シーオッター




しかしながら、カワウソとラッコの水槽は雲泥の差がありました。





人気の度合いによって、やはり動物たちの扱いも違うようでした。





これまた、資本主義の象徴ですかね。





秋の連休がもうすぐやってきますが、ひさびさに水族館に行きたくなりました。





ETC 、 料金は安くなれど、距離は変わらないのが悲しいですね。

by su-chan231 | 2009-09-18 07:45

イチロー 200安打達成!

こんにちは。尾道市の歯医者、歯科医のすーちゃんです。




イチロー選手が 九年連続200安打を達成しました。



メジャーリーグ初の新記録達成です。





まさに、108年の記録を塗り替えた男です。





インタビューの中で・・・


『自分の中からではなく、外からの影響で恐怖が生まれる。何か変な感じですよね。』



『見えた景色なんかない。ただ解放された。やっぱり人と争うことは面白くないからね。



それを達成して解放されたことが僕にとってうれしい。



達成できないわけで解放されることもあるわけだから。』




と答えており とても印象的な言葉でした。






この史上初の快挙、必然にしてあったと思います。




記録を続けられた一番の要因は『カラダ』の維持でしょう。





『9・11』の日も



5機目の乗っ取りがないことが確定したとき真っ先にホテルを飛び出して



トレーニングを行っていたそうです。





シーズン打ち切りも考えられる状況で、『明日のために』





コンディションを整えるその徹底ぶりが 歴史を塗り替える偉業に通じたのだと思います・・






前人未到の天才打者・・されど、決してスーパーマンではないのですね。






今回の記録もイチローにとったら ただの通過点かもしれません。





イチローのやってきたことの中には、




しがみつく必要のないもの、大切に守り続けていきたいもの・・・・




そのどちらも存在しているのだと思います。





だからこそ 成功の道が歩けるそんな気がします。





イチローだって私たちと同じ人間・・




結果に努力が結びつかないこともあるはず・・




結局は どんな自分もどんな時も受け入れることができて がんばれる人が



最後に結果を残せるんじゃないかと思いますね。




私達、医療に携わる者も・・・



結果にかかわらず、日々淡々と努力を重ねる気持ちを持って、



仕事に励んでいきたいですね。

by su-chan231 | 2009-09-15 07:21

2009年9月9日は何の日?

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




先週、9月9日は重陽の節句。



別名菊の節句と言います。




古来中国では奇数は縁起の良い陽の数字とされ、



一番大きな陽の数字9が重なる9月9日が『重陽』と言われ、




菊花を浮かべた酒を飲めば長寿につながるとされてきました。






今年の2009年9月9日は、日本では ちょとした結婚式ブームとなりました。







『9』を『久』と読み変え、縁起をかついで、永遠の愛を誓った若者が続出したとか・・・





このような語呂合わせ・・・



『いい国作ろう鎌倉幕府』『泣くようぐいす平安京』とか歴史の勉強などにも使い、




子どもの頃から使ったフレーズはいまだに何十年たっても忘れないものですね





言葉は生活の最も基礎的な物の一つで、



言葉遊びは『無駄な効用』の最もたるものかもしれません。





日本語の多彩さ、豊富な言葉の表現を普段の生活に取り入れることは




美しい日本語に接する機会を増やすことで




母国語に対する親近感を持つことにもつながると思います。








そんなことが日本語の美しさを知るきっかけになるのかもしれませんね。





『美しい国』を目指すベースとなるのは美しい言葉から始まるような気がします。

by su-chan231 | 2009-09-14 15:36

『New York・・forgot 』

こんにちは。尾道市の歯医者、歯科医のすーちゃんです。





2001年9月11日・・・


テレビのスクリーンには信じられない光景が映った・・



ニューヨークのWTCビルの上階部分からモクモクと煙が立ち上がっていた・・




何が起こったのかわからず、しばらく呆然としていたのを覚えている。





まるで映画を見ているようだった・・



世界を震撼させた同時多発テロ・・あれから8年が経つ・・



いまだに、あの日を思い出すと悲しい思いが僕の胸に去来します・・






あの日・・たくさんの命が奪われた・・



罪なき人・・人の命を救おうとするひと達の命までも



たくさんの哀しみは計りしれない・・





だけど、人々は『哀しみ』を『愛』に変え・・・



『愛』は希望を生んだ。






哀しみを越え、何かを学んび人々は、大きな豊かな人間となり哀しみの地で生き続けている・・





何かを得るには大きすぎる代償・・辛すぎる事件にもかかわらず・・





大切な人を死によって失うことは、人種、宗教の違いを越え 同じ哀しみのはずですね。




何が私たちにとって一番大切なのかを 忘れず日々暮らしたいと思います。






『あなたは今、大切な誰かとたくさんの時間を共有できてますか?』




改めて 多くの亡くなられた方々へご冥福を心よりお祈りいたします・・




そしてニューヨークの深い哀しみが癒されることを・・

by su-chan231 | 2009-09-11 15:18

『とれない葡萄はすっぱいか?』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




皆さん、イソップ童話の『すっぱい葡萄』をご存知ですか?



たわわに実った美味しそうな葡萄をキツネが見つけ、



食べようとして飛び上がるが、



葡萄の房はみな高いとこにあり跳躍しても届かず、



キツネは悔しさのあまり



『どうせこんな葡萄はすっぱいんだろう』




と、諦めて立ち去るというお話・・・






この満たされなかった欲求に対して、



都合のいい理由をつけ、自分を正当化する行為を



精神分析では自己防衛機制といいます。






私たちの日常でも、



できなかったことを何か理由をつけて諦める場面が多々あるように思います。






夢は 『できる』『できない』で分かれていない




『進む』か『諦める』しかないという 言葉もありますが、




何かを言い訳にして あきらめることを繰り返していれば




夢さえも いつも 逃げていきます・・






僕は、諦めるとしたら 『諦められない』と 諦めたい・・・





とれない葡萄は すっぱいと諦めるより、




甘くて美味しいから諦めることをあきらめたくないと思いたい・・・





そのように思いながら




日々課題とも前向きに向かい合いたいと思っています。







ただ、もし どうしても諦めざるを得ない事態に遭遇した場合は、




どうせ僕にはできないとかとネガティブに諦めず、






自分の可能性を信じた上で、ポジティブに諦めるという術を身につけたいですね。





全日本女子バレーボールのエース、栗原選手は・・・



右足親指の剥離骨折でバレーボールの引退勧告を受けたときに、



お母様から・・・



「やらなくて後悔、やって後悔・・・どちら選ぶかはあなた次第ですよ」


と、言われたそうです。



どちらを選んだかは、現在の彼女の活躍から、明らかですよね。





キツネのとれなかった葡萄・・



本当は、甘かったのかすっぱかったのかとても気になるこの頃です(笑)

by su-chan231 | 2009-09-08 09:58

『頭をたれる稲穂かな』

こんにちは。尾道市の歯医者・歯科医のすーちゃんです。




先日、車を運転していたら、綺麗な黄金色の田んぼが視界に入ってきました。



農家の方々は、もう刈り入れの季節なんですね。




『実るほで頭をたれる稲穂かな』


僕の好きなことわざです。




稲の穂は実るほど、頭が低く下がるものだが、


人間も徳が高く、内に充実したものがあるほど謙虚だという意味。



太陽、水、土の恩恵に授かって育った稲のように、



人間もどれだけ周りの人の恩恵に授かっているだろうか、




という戒めのことわざです。





まだ、私が高校生だった頃、


岡山大学で学長にまでなって退官された、当時第二内科の大藤教授は


まさにこのとおり・・・温厚な面持ちで、丁寧な話し方をされる人だったのが記憶に残っています。




仕事でも、スポーツでも好調の時にこそ、謙虚にならないといけないと


僕はよく思いますが、


それがなかなかできないのが人間なんでしょうね。






『衣食足りて礼節を知る』という言葉もありますか゛、



現実は、経済的に豊かな人ほど礼節を知らない人が多いような気もします。





どんな時でも、謙虚さを忘れず



周りの人々、モノに感謝しながら1日1日を過ごしたいと



、車窓から見える秋の風景から教えられました。






一粒の種籾が私たちの口に入るまで、八十八の手間をかけるといいます。



だから八十八と書いてお米・・・




今年も、美味しいお米たくさんとれるといいですね。




感謝しつつ、美味しく残さずいただこうと思います。

by su-chan231 | 2009-09-07 16:56